熱に強いサーフィン ワックス
グリーンフィックス公式ストア



ベースコート/ BASE COAT
耐熱温度 70℃まで
トロピカル/ TROPICAL
耐熱温度 65℃まで
適正水温 24℃以上
ウォーム/ WARM
耐熱温度 60℃まで
適正水温 16〜25℃
クール/ COOL
耐熱温度 35〜40℃
適正水温 11〜17℃
コールド/ COLD
耐熱温度 35〜40℃
適正水温 12℃以下



営業日カレンダー
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

グリーンフィックスおもしろ写真コンテスト結果ページへ


グリーンフィックス公式携帯サイト


グリーンフィックスの電話でのご注文


新規会員登録はこちら

会員専用ページ

会員ページログイン




サーフィン関連リンク集

サーフィン@マガジン サーフィン情報のポータルサイト。


サーファーがよく使う言葉を日本独自の言い回しから英語版まで完全網羅のサーフィン用語決定版


サーファーガールズ情報サイト:::Nalu Wahine::: FORガールズサーファー&ボディーボーダー


サーフィン/ボディボードの総合サイト。サーフィンレップス


サーフィンと波情報のサーフィン総合情報サイト Kitajin World

グリーンフィックスとは

熱に強く、溶けにくい、サーフワックス、完成。

グリーンフィックスサーフワックスはフランス人サーファー デイミアン・ホルケスによって開発された70℃まで溶けずに耐えられる)、また、石油成分を使わず、天然成分だけで仕上げられているため、身体にはもちろん、地球環境にもやさしいサーフワックです。サーフィンをする方の悩みでもあった、サーフワックスが溶けて車内が・・・、ニットケース・・・ドロドロに溶けてベースから塗り直し・・・なんてこともこのグリーンフィックス サーフワックスではありません。

従来のサーフワックスの弱点を、見事に克服した注目のワックスです。

サーフィン業界で何が求められているのか。

開発者のデイミアン・ホルケスは、実に250人のサーファーにアンケートを実施しました。そこで、導き出された結果をもとに新たなワックスの開発を決意、そこで、彼は今までにない、革新的なワックスを開発するために、フランスのESTIA大学に進学し、本格的にワックスの成分を研究を開始。すると、60℃〜70℃の熱にも溶けないワックスの開発に成功しました。

その開発した商品を本国フランスで製造、2010年に販売を開始。しかし、委託先工場のトラブルなどもあり、品質が悪く、デイミアンの満足のいく商品はできませんでした。そこで、彼は自身の管理での製造を決意し、取り組みます。

現在ではすべて手作業による製造を行い、フランスをはじめ、イギリス・ポルトガル・ベルギー・モロッコ・・・世界中のサーファーに質の高いワックスを供給し、支持されるに至っています。

塗り易さ、グリップ力、そして、環境を考えたワックス

グリーンフィックス サーフワックス(GreenfIx)の強みは、溶けないだけではありません。グリップ力や塗り易さなど、サーフィンを楽しみための使い心地も追求しています。塗り易さグリップ力など、既にプロサーファーのお墨付きもいただいています。

また、近年のもの創りで考えなければならないこと、それは「環境」。身体にはもちろん、地球環境にも やさしさを求めた結果、石油を使用せず、松の油(トールオイル)を主成分とする100%天然成分だけで仕上げており、自信を持っておすすめできるサーフィン ワックスとなっています。