熱に強いサーフィン ワックス
グリーンフィックス公式ストア



ベースコート/ BASE COAT
耐熱温度 70℃まで
トロピカル/ TROPICAL
耐熱温度 65℃まで
適正水温 24℃以上
ウォーム/ WARM
耐熱温度 60℃まで
適正水温 16〜25℃
クール/ COOL
耐熱温度 35〜40℃
適正水温 11〜17℃
コールド/ COLD
耐熱温度 35〜40℃
適正水温 12℃以下



営業日カレンダー
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

グリーンフィックスおもしろ写真コンテスト結果ページへ


グリーンフィックス公式携帯サイト


グリーンフィックスの電話でのご注文


新規会員登録はこちら

会員専用ページ

会員ページログイン




サーフィン関連リンク集

サーフィン@マガジン サーフィン情報のポータルサイト。


サーファーがよく使う言葉を日本独自の言い回しから英語版まで完全網羅のサーフィン用語決定版


サーファーガールズ情報サイト:::Nalu Wahine::: FORガールズサーファー&ボディーボーダー


サーフィン/ボディボードの総合サイト。サーフィンレップス


サーフィンと波情報のサーフィン総合情報サイト Kitajin World

グリーンフィックスサーフワックスの塗り方とは

コーム形状を板に対して斜めに、やさしく円を描くように

コーム部分を板に対して斜めに数回。逆から格
子を作るイメージで。その後、やさしく、円を
描くように、薄く重ねて。ワックスのコーム形状部分を板に対して斜めに数回塗っていただき、その後、反対の角度から格子 を作るイメージで斜めに塗っていただくと、交差する部分に玉が上手く出来やすくなります。

その後、あまり強い圧力をかけずに優しく円を描くように薄く重ねて塗ってください。

時間をかけて薄く回数を重ねて塗っていった方が、 きれいに仕上がります。

グリーンフィックスサーフワックスは、熱には強く溶けにくくなっておりますが、炎天下では多少柔らかくなることもあります。

その為、ベースワックスを塗る時は、日陰や室内等の涼しいところで塗っていただいた方が、ワックスが固い状態で上手く塗れます。